萌え絵は諦めた男、アヅマン!

「萌え絵を描いて食べて行こう!」とずっと考えていたのですが、どうやら僕にはそっち系のイラストは向いてなさそうだと昨晩ふと気づきました。
正直言うと、萌え絵の様な細かい絵は僕にはとてもメンドくさいです。てゆうかあんまり上手く描けません。
それでなくても萌え絵を描くイラストレーターは今でもたくさんいますし、萌え絵用の教本も次から次へとたくさん出てますから、描き手はこれからもどんどん増えていくことでしょう。そんなレッドオーシャンで生き残っていくのは自分にはまず無理でしょう。
そんな訳で自分の様な絵でも食べていける別の方向を考える事にしました。
漫画家で例えると大暮維人さんを目指すのではなく福本伸行さんを目指すみたいな感じですね。別に福本伸行さんをディスってるわけでは全然なくてあの絵だからこそあの話にあっていると言う事です。新黒沢最強伝説は毎号楽しく読んでます(^ ^)