『日本経済 予言の書』を読んでチョー不安になりました(>人<;)

気分は兜甲児 読書

今日は久しぶりにビジネス書を1冊読み終えましたよ。

「日本経済 予言の書 2020年代、不安な未来の読み解き方」

です。

著者はこの本の中だ、

「これからの10年間、日本を7つのショックが襲うであろう」

と予言しております。

ちなみに7つのショックとは

  1. コロナショック
  2. トヨタショック
  3. 気候災害ショック
  4. アマゾンエフェクトショック
  5. 人口問題ショック
  6. ポピュリズムショック
  7. デジタルチャイナショック

です。詳しくは本を読んで下さい。
まあとにかく「日本はこれからしばらくは、踏んだり蹴ったりな目にあうよ」と言ってます。

僕はこれを読んで思わず、映画『マジンガーZ対暗黒大将軍』の中で預言者(正体は兜剣造)が言ったセリフ、

「暗黒大将軍と7つの軍団がマジンガーZに死の苦しみを味わせるに違いない!」

を思い出しました。
ちなみに7つの軍団は、

  1. 人間
  2. 昆虫
  3. 爬虫類
  4. 悪霊

です。(本とは全然関係ありませんが)

Amazon.co.jp: マジンガーZ対暗黒大将軍を観る | Prime Video
古代ミケーネ人の末裔・ミケーネ帝国。そこに住むミケーネ人は長い地底生活の中で身体を巨大な戦闘獣に改造し、大幹部・暗黒大将軍のもと、7大軍団を結集して全世界の都市を壊滅すべく地上攻撃を開始した。これを阻止しようと死を覚悟してマジンガーZを出撃させる兜甲児。しかしDr.ヘルの機械獣に比べ数倍の強さを誇る戦闘獣。初めての敗北...

そんなわけで現在の僕は

「正直言って出撃する事が怖い(T ^ T)」

と部屋の片隅で涙を流していた兜甲児の心境です。

でも兜甲児はそんな気持ちを隠し、勇敢にも出撃したので僕もこれからの日本の困難に負けずに頑張りますです(°▽°)

もっともこの本の作者は、かつてスマホが出始めた頃に

「任天堂はこれから厳しいだろう」

と予言して、外しているので全部が当たるわけではないでしょうが。

正直言って仕事を取ることが怖い

読書
スポンサーリンク
シェアする
azuman80をフォローする
アヅマンのホームページ

コメント