病院に入ろうとしたら止められました

非接触で検温 日常

今日母を病院に連れて行ったのですが、母より先に行って受付手続きを済ませようとしたら、病院の入り口で職員さんに止められました。

「すわ、何事?」

(そんなに僕は怪しそうに見えるのだろうか?確かに中年の大人が平日昼間にプラプラしてますけど売れてないけど一応イラストレーターだから会社に行ってなくても全然怪しくないんですよ。別に包丁とか持ってないですよ。)

と、僕とした事が少しビビって、たじろいでしまったのですが、

何でも話を聞いたら、いつの間にか無接触で検温されていたらしく僕の体温が高かったから止めたそうです。

「多分背中のカバンを外したら大丈夫ですよ」

と言われたのでそうしたら本当に大丈夫でした。別に僕が怪しく見えたわけでないことが分かりホッとしました。

何でナップサックを背負っていたら体温が高めに認識されるのかは良く分かりませんが(・・?)

それにしても知らない間に技術は進んでいたのですね。

知らない間に無接触で体温を測れるまでになっていたとは(・・;)

日常
スポンサーリンク
シェアする
azuman80をフォローする
アヅマンのホームページ

コメント